スーパーグローバル高に56校=英語教育などに重点―文科省

時事通信 3月28日(金)16時34分配信    

 文部科学省は28日、国際的に活躍できる人材育成を目的に2014年度に創設する「スーパーグローバルハイスクール」に、32都道府県の国公私立56高校を指定したと発表した。生徒の英語力や幅広い問題解決能力の向上に重点的に取り組む。国は5年間、指定校を財政支援する。  246校が応募し、外部有識者の審査を経て決定した。指定校は英語によるディスカッションを授業に取り入れたり、大学と連携して国際化を進めたりする。