個別指導学習塾で知られる東証1部上場「リソー教育」(東京)の粉飾決算問題で、証券取引等監視委員会は、同社が水増しした約83億円の売り上げのうち約27億円は生徒側に返金すべきだとして、残る約56億円を粉飾額と認定することを決めた。     返金対象となる生徒や元生徒は1万人を超えるという。監視委は7日、金融商品取引法違反(有価証券報告書等の虚偽記載)で同社に約4億円の課徴金を科すよう金融庁に勧告する。

 リソー教育が設置した第三者委員会が2月10日に公表した報告書によると、同社は昨年8月までの6年半の間に、グループ全体で売り上げを計約83億800万円水増ししていた。

 欠席分の講習料を返金しなかったり、実際には契約していない録画授業も契約しているように装ったりする手口だったという。

(2014年3月7日15時58分  読売新聞)

リソー教育の塾名 は トーマス と 名門会 等。