関東甲信と東北の大雪被害で文部科学省は19日までに、全国の国公私立大学と短大に、入試の再試験実施や試験時間の繰り下げなどの特例措置を検討するよう要請した。

 要請は17日付。大雪により交通機関の乱れや郵便物の遅配が発生し、今後も同様の被害が予想されることから、再試験のほか、入学願書の締め切り延長なども求めた。

 文科省によると、すでに早稲田大や日本大、青山学院大、法政大などが再試験の実施を決定。文科省は例年、大雪被害があった場合などに同様の要請文を出している。15、16両日に入試を実施した大学には文書のほか、電話連絡でも受験生への配慮を依頼した。