日曜日午後 四谷のホテルニューオータニへ。
某ダイヤモンド会社の株主優待券を持ってショップに。ホテルでの食事券を手に入れるのが目的。
3割引きとは言っても欲しいと思うダイヤモンドはみあたらず。もっとも始めから買う気はないのですが。
ニューオータニは学生時代の庭だった。先生によってはホテルの茶店でゼミをやってくれたことも。特に学生紛争のころは他の先生方もよく利用したようだ。
ラウンジで食事後、コンサートのパンフをとりに紀尾井ホールに。四谷駅より池袋のホテルへ直行。

塾業界の研修会&忘年会に参加。費用は10000円。研修会には塾関係のみならず私立学校の先生も多数参加。都内以外からも多数参加。参加者の県名を挙げると、栃木、千葉、茨城、神奈川、埼玉、群馬、和歌山、富山、高知。
研修会のテーマは、『変化する首都圏における高校入試』、『変わる高校入試と中小塾』

主な来賓は、

東京都私立中学高校学校協会会長:近藤彰郎
文部科学大臣政務官:下村博文(衆議院議員。塾業界出身の国会議員の1人)
声の教育社(いわゆる過去問集の出版社)の超ベテラン社員のA氏

A氏に聞いたところ「入試問題の作問ミス」は中高あわせて例年200件近くはあるという。
御三家を含めて有名校とて例外ではないとのことです。これが入試の現実なのです。