話題のマンガや映画『ビリギャル』。ほんとうだろうか?

実は当塾でも偏差値35の生徒慶応大学に合格させたことがある。

正しくは、公立中学2年の3月に当塾に入塾した時、英語の偏差値は35。

幸い国語は得意科目で、数学は通知表では5段階の4であった。

週4回塾に通い 中学3年の1月、英語の偏差値はなんとか68まで上げた。

それでも、高校受験では数学が足りなかったようで、都立の人気校である青山(自校問題作成校)は合格できなかった。

しかし、結果的には私立高校(選抜クラス)で良かったと思う。

私立では私立大学受験を目指して3教科を重点的に勉強できるからである。

彼女は、明治大学立教大学も合格。さらに、慶応大学からも繰り上げではあったが、合格の通知がきたのだった。

注目されている「ビリギャル」だが、ほんとうに偏差値30だったのか。本当のところはどうなのだろう。実は有名進学校の生徒だったとか。

よくあることではないにしても、決して珍しいことでもない。

◎なお 都立の定時制の生徒慶応に合格させた実績もあります。

受験生のみなさん、正しい勉強法を教えてくれる塾を探して頑張りましょう。