僕がこの塾に来たのは、この塾のチラシを偶然親が見つけてきて、その中の「Z会の教材やテストがたまっている人はこの塾におすすめ」という文句に、「これは僕のことだ!」と思っておとずれたのがキッカケです。その頃の僕の成績は、学校で下から数えた方が早いなんてものではなく、赤点ギリギリの、上位4分の3にも入っていない、すさまじいものでした。で、この塾に来てみると、授業が変わっていて、たぶん僕に合うだろうと思い、入塾したワケですが、その後の成績はまるでウナギのぼりのように上がり、上位4分の1に入れるようになりました。実力テストなどでは上位10分の1になり、「ああ、この塾は実力がつくように指導してくれているんだ」と気づき、感謝しました。そして、そんなことが1年も続き、学校にものたりなさを感じ始めた頃、塾長に相談したら、「受験すれば」と言われ、受験勉強を始めることになりました。もちろん、勉強はハードなものになりましたが、伸孝学園の先生方のおかげで、それほど苦痛には感じませんでした。先生方とは世間話をするなど、むしろ楽に勉強ができました。U先生とは第一志望に受かったら焼き肉に連れて行ってくれるという約束を結び、さらに勉強に力が入りました。さすがに、受験の前日、当日はかなり緊張しましたが、自分と塾の指導方法を信じ合格しました。「最後の最後まで自分を信じることが第一志望合格の第一条件」という塾の言葉を信じてよかったです。 これから受験する皆さん、自分を信じ、伸孝学園に入り、先生と焼き肉の約束、という3つのことをしたら完璧。あとは勉強をちょっとするだけで合格します。後輩の皆さんも頑張ってください。