僕は、1年生のころから「公友クラブ」というチームで野球をやってきました。途中でいろいろなことがありました。3年生のころに、私立受験ということを考えはじめました。そしてこの伸孝学園に入塾しました。この塾にはお兄ちゃんが通っていたので不安はありませんでした。はじめのうちは思うように頭が働かず、ちょっとしたミスが目立ちました。5年生になると入試レベルの難しい勉強になり、野球でもレギュラーになり、練習もハードになりました。5年の夏、たまたま城西ブロック大会に出場してしまい、一気に関東大会まで行き、そこでも勝ち進んで全国大会まで行ってしまいました。全国大会は宮崎県の市営球場で行われ、その後に元プロ野球選手が来て僕達みんなを指導してくれました。 6年ではキャプテンになってしまい野球も勉強もたいへんになりましたが、なんとかのりこえて頑張ってきました。さすがに入試直前は野球を休みましたが、卒団式まで勉強も野球も頑張ってやりとげました。野球と受験を両立してこれたのも、塾がこの伸孝学園だったからです。ありがとうございました。