私がこの塾に来たのは中学1年の11月でした。ある日、母がミニコミ誌でこの塾を知り「この塾は他と違うよ」と塾を拒否していた私に勧めてきました。塾には行きたくなかったのですが、成績があまりよろしくなかったので入塾することにしました。塾長には「分かったつもりになっているだけ」と何度も言われましたが、この塾に来ていなければ、それに気づくこともなくとんでもない思い違いをしたまま受験生になっていたかもしれません。

 中学2年になったとき、音楽高校への受験を決意しました。3歳のころからピアノを習っていた私でしたが、音楽高校を受験するとなると専門の先生につかなければなりませんでした。そんなとき、塾長が友人を通して専門のピアノの先生を紹介してくれました。こんな塾はめったにないと思います。今ではとても感謝しています。本格的なピアノの勉強を始めたのが中2の後半からとなり、かなり遅い出発となりましたが、その後受験までの約1年半はピアノを弾くことに専念しつつ、塾にもたくさん来て勉強しました。そして短期間だったけれど武蔵野音楽高校に合格することができました。これから高校生になって好きなピアノをたくさん弾けるので今は本当に幸せです。

 そういえば私と同じ伸孝学園出身でチェロをやってる原ゆかりさんも今年東京音楽大に合格したそうです。やはりこの塾の力はすごいと思います。(原さんとはピアノの先生も同じでした。)

 伸孝学園は熱心な先生がたくさんいる「私の自慢の塾」です。私はこの塾が大好きです。これからもピアノに勉強にがんばっていくつもりです。分かるまで教えてくれた先生方、本当にありがとうございました。仲良くしてくれた友達や、話し相手になってくれた人たちもありがとう。心の支えになりました。音楽の方面へ進むみなさんも、がんばってください。