私がこの塾に来たのは中3の12月中旬ごろでした。その頃私は、自己流の勉強法に限界を感じていて、それまで一度も通ったことのなかった塾に行こうかな、と考えていました。そのとき、2年生のときから伸孝学園に通っていた同じ学校のCさんに「とてもいい塾だよ」と紹介されて、とりあえずは見学に行きました。そこで私は大きな衝撃を受けました。伸孝学園は私が今まで持っていた塾のイメージとはく違っていたのです。先生1人に対して生徒は3~4人しかいないし、1日に何時間でもいられるという塾だったのです。建物が多少古く、知り合いがあまりいないということから、最初は入塾することを少しとまどったものの、たくさんの先生がとても優しく接してくれたので、伸孝学園に入ることを決めました。私は当初から上野高校に入学することが目標でしたが、V模擬での判定はEという、とても難しい位置にいました。しかし、先生方はそれでも「がんばれば合格できる」と私を励ましてくれました。先生方の指導はわかりやすく、とても優しく説明をしてくれたので最後のV模擬ではなんとかに判定Bになりました。無事に上野高校に合格できたのもこの塾に通っていたからだと思います。感謝しています。